Sponsored Link



2018年01月20日

「男を落とすのは簡単だけど・・・」と彼女は言います。


「男を落とすのは簡単だけど・・・」と彼女は言います。
「簡単だけど?」
ボクはその後の言葉が気になります。
「落とすのは簡単だけど、つき合いを続けるのがシンドいよね」

と、彼女はそう言って軽くため息をつきます。どうやら、今の彼氏とはうまくいっていないようです。

彼女はその点についてボクに意見を求めたがっていることがわかりました。でも、多くの乙女はむしろ「男を落とす」といった部分で悩むことが多いように思います。

そこでまず彼女に、男を落とす方法を聞いてみることにしました。ということで、今回は「「男を落とすのは簡単だけど・・・」と彼女は言います。」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 
more...
posted by ナユタ at 21:44| ツール編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

「愛あるところに神あり」は意外にも本当かもというお話


「愛あるところに神あり」という言葉をご存知でしょうか。19世紀ロシア文学を代表する文豪、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの作品として有名ですよね。この作品は、絵本などにもなっているのでご存知の方もいらっしゃることでしょう。

少々宗教色の強いお話なんですが、とかくギスギスとしやすい現代においては、ちょっとほっとさせてくれる素敵なストーリーに仕上がっています。

「それって、彼氏がいる人には神がやってきてくれるってお話?」

いえいえこれは、弱者を助けるとき、その弱者の中には神がやどっているので、結果として神と接することができるというお話です。「愛あるところに神あり」は、つまりは困った人を助けるという行為こそが、実は幸福になるための方法であるという意味にもとれそうです。

「ちょっとわかりにくい・・・」

ですよね。でも、もしあなたが厳しい社会を生き抜くうえで、とてもつらいと感じているならば、そして孤独感にさいなまれているのであれば、そこから脱する方法としても意外に使える方法なんじゃないかとも思えたりします。

ということで今回は、「愛あるところに神あり」は意外にも本当かもというお話です。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 19:35| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

今年こそ初詣の願いを叶えましょうね!


新年あけましておめでとうございます。

あっという間のお正月でしたね。初詣は行かれましたでしょうか。今年も様々な事を願いながら手を合わせたのではないでしょうか。でもこれ、毎年の行事になっているはずなんですが、初詣の願いは叶っていますか?

「去年の初詣って、何をお願いしたんだっけ?」

ですよね。おおよその方は、初詣で神様にお願いするものの、その願いも七草粥の頃には忘れてしまうものです。でも、今年こそは初詣の願いを叶えましょうね。

・・・と、今年はそんなお話からのスタートです。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 20:39| ツール編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

来年幸せになるための準備・計画をちょっと早めに始めよう


いよいよ師走も終わりに近づいてきましたね。皆さんお仕事忙しいんじゃないかと思います。
さてさて、そんな日々に忙殺されて、結果的に彼氏はいないし幸せになることができないというあなたは、来年こそ幸せになっていただきたく思います。

ということで今回は、「来年幸せになるための準備・計画をちょっと早めに始めよう」というお話をすることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 20:01| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

クリスマスにターゲットと過ごすためのあと少しの勇気


クリスマスが近づいていますよね。何か素敵な予定は入っていますか?

以前もご紹介しましたが、ボクは実はクリぼっちも結構好きなんですね。結果的には複数のパーティのスケジュールが入ったりでなかなか実現できないんですが、たったひとり、自室でキャンドルの灯と、静かなクリスマスソング、質素な料理とワインって、なかなか素敵な時間の過ごし方なんじゃないかとも思えるわけです。

「えー、そんなの嫌だよー」

もしあなたがそう思われていて、しかもともにクリスマスを過ごしたいターゲットの存在があるのであれば、大丈夫。あと少しの勇気を持つだけで、それは現実のものとなるかもしれません。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 07:03| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

この人と結婚したいと思わせる戦略【共働き編】


前回は、「この人と結婚したいと思わせる戦略【専業主婦編】」をお送りしました。つまり、結婚をして専業主婦となることを希望される乙女に向けた戦略であったわけです。専業主婦となるためには、専業主婦を希望する男にターゲットを絞ればよいことから、戦略も立てやすくなっていたことをご理解いただけましたでしょうか。

さて、今回はその続編として、「この人と結婚したいと思わせる戦略【共働き編】」をお送りすることにしましょう。

「共働きをしなければならない男ってこと?」

いえいえ。ご自分が仕事に生きることを望まれていて、結婚をされた後でも専業主婦として家庭に入ることなく、仕事を続けたいと考えられている乙女にむけた戦略といえます。

「仕事に生きるのに結婚?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんよね。でもこの状況をお望みの方も意外に多いものです。

ということで、お望み通りに仕事を続けることができいる環境を得やすくなる相手にターゲットを絞り、しかもその男に「この人と結婚したい」と思わせる戦略であるとをご理解いただければと思います。それでは早速始めましょうか。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 00:11| 男選び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

この人と結婚したいと思わせる戦略【専業主婦編】


格差社会などと言われている現代ですから、高い収入のもとでしっかりと資産を残している人がいる一方で、日々の生活に困窮していたり、将来に大きな不安を抱えて生きている人も増えているように思います。

特に女性の場合、「このままずっと一人で生きていくこと、できるのかな?」と不安に駆られていらっしゃる方も決して少なくはないようです。

そこで今回は、「この人と結婚したい」と思わせる戦略として、その第一回目・専業主婦編について考えを進めていこうと思います。つまり、結婚後に仕事から離れて専業主婦として安定した暮らしを築きたいと思われている方に向け、相手に「この人と結婚したい」と思わせる戦略です。

無事専業主婦となれば、毎日仕事に行く必要もありませんし、しっかりと夫に働いてもらいつつ幸せな家庭を築くこともできることでしょう。では早速始めていくことにしましょうね。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 20:10| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

「好きな人に恋愛相談」の有効性と効果的戦略


好きな人がいるのに、告白をしたり自分の想いを伝えることがなかなかできないといった乙女は多いものです。でもこれ、もったいないですよね。

もしかしたら、好きな人にも可能性があったり、その人もあなたを意識しているかもしれません。それでいて、自分の想いに気づいていなかったり、彼もまた自分の想いを伝える方法がないだけかもしれません。

「それでもやっぱり、私から好きだとは言えそうにないよ」

という場合には、好きな人に恋愛相談をしてみるというのも、一つの方法かもしれません。

恋愛相談という形で話を進めていけば、当人を前にしているわけですが、相談対象を第三者として進めていくことができるので、スムーズに展開できるかもしれません。また、対象を限定せずに、もしもの状況を相手に相談することもできますものね。

ただしこの戦略を用いるためには、そして効果を期待するのであれば、それなりの組み立て方が必要となるかもしれません。

ということで今回は、「「好きな人に恋愛相談」の有効性と効果的戦略」についてお話してみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 05:44| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

50代の男性を落とす際に覚悟すべきこと

「ある人を落としたいんです!」
「え?」

あまりに唐突な言葉にちょっと驚きます。
そもそも空いたカフェの店内です。いくつかの視線を感じます。
でもこの子、かなりモテ系の子で、ボクに方法論をきくまでもないはずです。

「君なら、ターゲットはいくらでも落とせると思うけど」
ボクは小声で彼女にいいます。
「これまで経験がない年代の人で、勝手が違うというか・・・」
「その人、いくつなの?」
「52歳だったかと」
「52歳?!」

一旦離れた周囲の視線が、再びボクに注がれます。
ボクは再び小さくなる必要がありました。

「だめでしょうか」
「不倫はちょっとね」
「いえ、かなり前に離婚されていて今はひとりなんです」
「ちなみに君はいくつになったんだっけ」
「今年で26になりました」

年齢差というより、彼女のちょうど2倍の年齢です。これはちょっと難問です。ということで今回は「50代の男性を落とす際に覚悟すべきこと」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 01:23| 男選び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

彼の心を私に向けることは無理なのでしょうか?


メッセージを頂戴しています。ただこれ、実は彼とは旦那さんのことなんだそうで、恋愛ブログとしては若干内容がそれてしまっています。

でも、「彼の心を私に向けることは無理なのでしょうか?」というご質問、お付き合いをしている彼の心が離れてしまって困っている方にも当てはまるので、今回はこのテーマでちょっと考えを進めていこうと思います。

ですからもし、これをお読みの方がまだ独身である場合、彼氏の心を引き留める時のために参考としていただきたいと思います。また、恋愛が結婚に発展した後に、旦那さんに心の動きが生じないための予備知識としても、参考としていただければと考えています。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 00:05| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link