Sponsored Link



2013年07月04日

あなたの浮気が発覚した際の対策

あなたは彼氏を誰よりも愛しています。当然のこと、別れたいとは思っていません。でも、彼氏に会うことができない時間が長かったため、あなたはとても寂しく落ち込んでいました。

そんな時です。ちょっと素敵な男から優しい言葉を投げかけられて、つい、ふらっと。そしてそのままふたり盛り上がり、朝を迎えてしまいました。気だるさの中に、彼氏に対する罪悪感だけが重くのしかかります。

あなたはその一夜のことを忘れようと心に決めます。

「どうせもう会うことはなさそうだし、彼氏にだってバレることはない」

ところがです。

こんな時に限って、不測の事態が起こるものです。この素敵な男性、実は彼氏と偶然出身大学が同じで、しかも面識があったことが発覚します。しかもその事実をあなたが知ったのとほぼ同時期に、あなたの浮気が彼氏にも知られてしまいます。あなたはひどく狼狽し、そして動揺します。

「彼氏すごく怒るだろうな。もしかしたら別れ話を持ち出しちゃうかも。どうしよう。どうしよう」

まずい状態になりました。彼氏との関係は、かなり高い確率で崩壊へと向かいます。

「いやだよ。私は彼氏を愛してる。あのときのことは間違いだったの。どうしたらいい?」

いかがです? この先の展開、イメージできますか? いずれにしても修羅場をくぐる必要がありそうなことはおわかりですよね。

今回は、あなたの浮気について考えていきましょう。


にほんブログ村の続きを読む 

まず最初は、浮気に対する認識の確認です。

先のような事態に陥り、結果として彼氏と別れなければならない状況が嫌であれば、浮気は絶対にすべきではありません。彼氏を愛していて、もし結婚をしたいと考えているなら尚更です。

彼氏があなたを愛していれば、別の男に抱かれているあなたについて、絶対的に考えたくないものです。大きく傷つくはずですし、本能的にも愛情が萎えるリスクがあります。すでに各所でふれているように、男は女性に選ばれる必要があります。選ばれなければ、自分の遺伝子を次の世代に伝えるすべがないからです。

でも、愛する女性が別の男と関係を持った事実は、そのまま自分が選ばれし者ではないという事実を突きつけられたようなものです。これでは、とても冷静ではいられません。

高い確率で、彼氏はあなたとの別れを決意することになります。ですから、別の男性と関係を持つことだけは、何としても避けるべきなのです。

わかりますよね?

「わかる。でも、浮気の過去は消せないよね」

浮気が発覚する可能性がほぼゼロであれば、あなたはその事実を完全な形で隠蔽すべきです。証拠をすべて消し去ります。また、彼氏には浮気の事実を正直に話すべきではありません。あなたは罪悪感に苦しむかもしれません。でも、その罪悪感は、彼氏に対する優しさでカバーします。ただし突然優しくなり過ぎると、逆に疑わることになるので、あくまでも自然に。そして二度と浮気を繰り返さない決断が必要です。

問題は、先の例のように、あなたの浮気が発覚してしまった場合です。

この対応策は、かなり難しいです。

浮気発覚時の対策には、諸説があります。「1:真実を話して謝罪をする」「2:浮気はしたものの単なる遊びだったと押し切る」「3:浮気の事実を完全否定する」などです。

でもこれ、すべてにおいて問題があります。いずれの対策方法にも、彼氏を激怒させ失望させる要素が満載だからです。

彼氏はあなたと別の男性との絡み話など、聞きたいわけがありません。また、あなたからのあからさまな嘘など聞きたいはずがありません。さらには、あなたが別の男性と気軽に関係を持つ女性であることなど、絶対に認めたくはないでしょうから。そしてこのどの要素にも、あなたとの別れを決意させるのに充分な負の力が内在するわけです。

ですから、できれば浮気についての彼氏とのやり取りは、なるべく避けるべきです。でも、彼氏は仕事も手につかないほど気になっています。追求は避けられないでしょう。

そこでまず以下の方向で切り出します。

先にもふれていますが、男は女性に選ばれた存在であり続ける必要があります。これは、本能に刻み込まれた男のミッションなのです。しかし浮気はそれを否定せざるを得ない事実です。ですから、今も変わらず、選ばれし存在であることのみをアピールします。たとえばこうです。

「お前、あの男と浮気したのか?」
「ごめんね。心配をかけたね」
「だからしたのかって聞いてんだよ」
「私の心には、あなた以外入れない」
「どういうことだ」
「私はあなただけのものだから。これまでも、これからも、ずっとあなただけの女だから」

これで収束するか否かは微妙な状況です。でも、ここから賭に出ます。

この修羅場、本来であれば高い確率で彼氏が去ってしまう状況です。でも、この確率を最小限にして、彼氏との関係をイーブンな状態に持って行きたいところです。また、できればこれを切っ掛けとして、本当に彼氏を自分だけのものとしてしまいます。

覚悟はいいですか? では行きます。

「俺だけの女になるなんて、調子のいいことばかりお前はいう」
「本気だよ。証明もできるよ」
「どう証明するって言うんだよ」
「私は生涯、あなただけの女でいる」
「だからどうやってさ」
「結婚しようよ」
「え?」

突然、女性から結婚を切り出されて動揺しない男はいないと思います。彼の思考は「結婚」を切り出されたことの対応でいっぱいになることでしょう。あなたは「結婚しよう」と迫っています。状況からしてこの時にすぐ「そうだね」とはいえないはずです。でも、これだけは確実に伝わったはずです。「彼女は俺を選択している」とね。

彼氏の次の言葉は、状況によってさまざまでしょう。でも、その内容はおおよそ以下の3点に集約されるはずです。


1.「お前となんか結婚するわけないだろ」


このような暴言が彼氏から出たならば、きっとふたりの恋愛はここで終わります。でも、修復のチャンスは残されています。もともと別れの結末を迎える確率が高い状況です。しばらく彼とは時間をおく必要があります。時間は、時にあなたの味方になってくれることがあるからです。そして、彼からの連絡を静かに待ちます。


2.「そんなこと突然切り出されても、すぐに答えようにないだろ」


彼氏が動揺したのなら、彼氏との関係をイーブンな状態に戻す機会が生まれたことになります。現在、彼氏はあなたの浮気について動揺するとともに、あなたに対して怒りを感じています。甘い言葉で応えようにも、そんな余裕は彼氏にはありません。ですから、この場合も、彼氏としばらく時間をおき、彼氏の怒りが静まるのを待ちましょう。後日、必ず彼氏から連絡が入るはずです。


3.「え?本当に俺なんかでいいのか?」


このような言葉が彼氏から出たなら、あなたは彼氏の瞳をしっかりと見て、「うん」とはっきりと応えて下さい。躊躇は禁物です。あなたは今後、彼氏を生涯支えていってください。あなたが持った罪悪感は、そんなあなたの行動により、彼氏に少しずつ返していきましょう。また、その夜は、そのまま盛り上がり、甘く激しい夜をふたりで堪能すべきです。

さて、これまでの流れとそのコツをまとめておきましょう。

まず、あなたはこれまでの流れの中で、彼氏にひとつも嘘をついていないことに気づかれますか?あなたは浮気について認めていないかわりに、否定もしていません。嘘は必ずボロが出るものです。彼氏が怒っているのであれば、出たボロについての突っ込みを受けることになります。

本来、彼氏は本当にあなたが浮気をしたのかが気にかかっているものの、そんな事実を認めたいとは考えていません。そこであなたは、彼氏が気にする「浮気をしたか否か」の向こう側に存在する本来の不安要素、「自分が選ばれし男であるか否か」に直接的な回答を投げかけました。しかもそれが「結婚」なわけですから、次に判断を下さなければならないのは、彼氏自身となります。

あとは彼氏に考えさせるのです。あなたは静かにそれを待ちます。

数日後、必ず彼氏から電話が入るはずです。修羅場なのですから「やっぱり別れよう」との言葉を聞くことになるかもしれない事は、覚悟すべきです。でも、無駄なアクションは墓穴を掘るので禁止です。一方、「お前の本当の気持ちを理解した。改めて言うよ。結婚してほしい。俺だけの女になってくれ」そんな言葉を引き出すことができたなら、今回の戦略は大成功という事になります。まあ、確率的には低いですが、ただし可能性はありますし、そんな実例も知っています。

また、別れるとも結婚をするともいわずに、再びおつきあいが始まるケースも考えられます。この場合、たまに彼氏が「なあ、本当に浮気したのか?」と聞いてきたら、その度に、「だから、私はあなただけのものだよ。あなたの妻になる心の準備はいつでもできているよ」と答えましょう。
そしてそれから数ヶ月後、彼氏の怒りも収まり、心の傷も癒えた頃、

「お前は浮気性だからな〜」

そんな言葉を冗談混じりに投げかけてきたなら、あなたはその時、初めて切り出します。小さな嘘を、ひとつだけつきます。

「浮気なんかしたことないよ」
「嘘つくなよ」
「結婚について真剣に考え、悩んだとき、それを相手には怖くて聞けない。だって断られることもあるから」
「お前、何言ってる?」
「だから、そんな話は、別の男に相談するしかないんだよ」
「それってあの時の・・・?」
「私は何度もあなたに言った。私は生涯あなただけの女だって。結婚しようって・・・」
あなたは静かに彼氏にいいます。潤んだあなたの瞳からは、一粒の涙。
「ご、ごめん・・・」
「あなたはきっと、この気持ち、わからない」
「いや。わかるさ。お前はこれから生涯・・・」
「・・・」
「結婚しよう。頑張って幸せにするからさ」

長かったですね。なにせ修羅場状態を結婚まで引っ張ったわけなので。

相手がひどく傷つくことは、やさしくオブラードにつつんでぼかします。そして、相手が怒りのターゲットを失い、混乱している隙に、相手が抱える本質的な問題を解消します。同時に、インパクトのある別の話題に意識誘導することで、相手は自己の怒りを増大させるためのエネルギーを完全に失います。あとは時間をかけ、オブラードでつつんだものを静かに消し去ります。でも、あからさまな言い訳は禁止です。

かなり高度なテクニックを、しかも複数ほぼ同時に用いる必要がありました。お疲れ様。
今後は、誰からも羨ましがられるような幸せな結婚生活を送っていただきたく思います。

でもね。

今後、浮気は絶対にダメだからね。


【以下の記事もきっと役立つはずです】
小銭を使った高得点GET法
秘密の共有で男を選別しよう
シンデレラコンプレックスから抜出そう

posted by ナユタ at 22:51| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link