Sponsored Link



2014年05月13日

彼氏が冷たいと感じた時のあなたの戦略

また遊びに来ています。「「失敗したらおじさんになった」と失礼な女子高生の悩み事」で紹介した女子高生です。

まあ、前回は相談事を抱えていたので良しとしますが、オフィスのソファーにドカッと座って友達と携帯で盛り上がるってのはどうなんでしょうか。

しかし、最近の女子高生の会話は、日本語を遙かに超越している感があります。

「それって、おこおこプンプンまる〜」
「ぴーあ!」
「あはは。うけぴー」
「そーれなぁ」
「とりま、おくちょ〜」

これらはそれでも何とか聞き取れる範囲であり、意味不明のみならず、リピートすらできないワードも続きます。会話の内容がまったく見えてきません。友達と盛り上がっている会話を聞いて気づくわけですが、どうやらボクと話をする際には、日本語に切り替えてくれていたようです。

で、この彼女、前回は彼氏に「重い」と一言いわれたことで、かなり凹んでいましたが、その後、何とかうまく持ち直したそうで、この前も仲良くTDLに行って盛り上がったんだそうです。めでたしめでたしですね。

で、今日はそんな流れで、唐突ながら「彼氏が冷たいと感じた時のあなたの戦略」についてふれてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 


「最近、なぜか彼氏が冷たくなった気がして・・・」

あなたは、そんな不安を感じてはいらっしゃいませんでしょうか。
出会って付き合いだした頃は、会話が弾んだし、いろいろなところに遊びにいったのに、最近は何となく会話が続かないし、彼氏もタマにしかドライブに誘ってくれないし・・・。
と、そんな状態です。

この様な状態に陥った原因は、複数考えられますよね。あなたにも、うすうすわかっていらっしゃるかもしれません。

最もありがちなのが、倦怠期でしょうか。でも、お付き合いが安定状態になると、ひとときの盛り上がりがなくなるなんてふたりもいるようです。ちょっとリスキーなのが、彼氏に気になる女性ができたとか・・・。これ、怖いですよね。

このように、原因は様々であるはずです。

でも、いずれにしても、あなたが取るべき戦略はとてもシンプルです。しかもこの戦略によって、彼氏が冷たくなった原因を知ることもできるかもしれません。

「え?そんな方法があるの?」
ええ、あるんです。
「なになに?」
それは、恋人の関係を超えた友達になる努力をすることです。
「恋人の関係を超えた友達?」

恋愛に盛り上がる状態にある人には、少々理解しがたいことかもしれませんね。恋人なのに友達って、それって、恋人を諦める事?って思われるかもしれません。

でもこれ、単なる恋愛関係よりも深い関係なんです。

互いに引かれあうふたりに、その裏付けは必要ありませんよね。ただただ、相手の事が好きで好きでたまらなくって、いつも一緒にいたくて、離れたくなくて。と、そんな感じであるはずです。

恋愛には、このパワーは不可欠です。でもこれ、あくまでもふたりがずっとお付き合いする上で不可欠な、一方の車輪に過ぎません。末永くふたりが幸せであり続けるためには、実はもう一つの車輪が必要です。

そしてこれこそが友情関係です。

恋愛関係と友情関係によってふたりが繋がりあえたとき、その関係は永遠のものとなる可能性が高まるといえます。この絆、言い換えるなら「愛情」と定義することができるからです。

これを理解していただくためには、実際にそんな関係で結ばれているふたりを見ていただくのが一番でしょうか。

たとえば、もしあなたのご両親がとても仲の良い夫婦であるならば、その関係を観察していただきたいと思います。また、それ以外にも、近しい関係の中で、そんなふたりがいないかを探してみてください。

きっといらっしゃるはずです。

いつもふたりで語らい、そして笑い、時には喧嘩もするもののすぐに仲直り。再びふたり笑顔で語らっているというそんな関係です。

さて、こんなおふたりは、一過性の恋愛感情のみで結ばれていると思われますか? 確かに互いに男と女としての関係であり、当然恋愛関係は成立しています。でも、それだけではなく、あたかも友達と楽しく語らうかのような、そんな友情関係も、同時に成立しているものなのです。

そして、このような関係にあるおふたりには、簡単には切れることのない強固な絆で結ばれていることが少なくありません。ですから、もし彼氏があなたに冷たくなったと思ったなら、恋愛感情以外、友情の絆作りにも意識を注ぐ必要があるわけです。また、彼氏が冷たくなる以前から、このような絆作りを意識しておくと、予防策としても機能してくれます。

ひとつの話題で長い時間盛り上がるとか、意味もなくふざけあったり、笑顔で語らうとかね。また、ふたりで取り組むことのできるひとつの事を用意するなんてのもいいですよね。

もし、失われたのなら思い出してみてくださいね。そんなふたりのシチュエーションをね。そしてそれを取り戻すわけです。

ぜひとも、そんな関係を築きあげる努力をしてみてくださいね。

大丈夫、心配はいりません。この車輪が形成され、回り始めると、もう一方の恋愛関係の車輪も、それにつれて再び回り出すことになりますから。

そして両輪が回転を始めたとき、ふたりは意識するはずです。

これこそが、ふたりで生涯に渡り、幸せの道を、人生を、ともに駆け抜けるための乗り物であるということをね。


「ごめんなさい。ちょっと盛り上がっちゃった」
やっと電話が終わったようです。
「まあいいんだけど、でも勉強もしないとね」
「あ、出た。それパパの決め台詞」
 あ、出た。「パパとおんなじ」攻撃。ちなみにこれ、彼女のお姉さんもよく使います。
「でもね・・・」
彼女がそういった瞬間、スマートフォンが再び鳴り始めます。
「あ」っと、彼女の顔が華やぐのがわかります。
「もっし〜」
声のトーンがかなり上がります。
「うん。うん。うん。そうなんだ〜。うん。わかった。うん。じゃあね」
電話は意外にも、ノーマルでかつ短いものでした。
「彼氏だね。待ち合わせ?」
「あれ、なんでわかったの?」
「そりゃわかるさ」

ボクはそう答えて、ディスプレイに目を移し、キーボードをたたき始めます。仕事は山積み状態です。
しかし彼女、誰もがわかる変貌ぶりです。
友人との電話とは大違いです。なかなかやるものです。
最近の女子高生には、とてもかないそうにない・・・。
そう思う今日この頃であります。

でも今回のお題、彼女にも、そのうち読んでもらいたいなと思ったりしています。
・・・いや、まだいいかな。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
恋愛に不可欠な相互的バランス
彼氏と喧嘩をした時の仲直り戦略
彼氏へのプレゼントを考える

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 00:20| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link