Sponsored Link



2014年08月26日

ダメな男を育て上げるちょっとした方法


先日、知人とそのお友達も含めて食事をする機会がありました。知人のお友達とは初対面でしたが、そんな彼女が彼氏について語り始めます。

「彼氏がいるにはいるんですが、これがダメな男で・・・」

自分のお付き合いをする男性を、ここまでストレートに卑下することができるものかと、ボクは思いつつ、さらに話を聞きます。

「というのも、何かにつけて愚痴ばっかり言うんです」
「愚痴・・・ですか」
「ええ。彼にいわせると、自分がダメなのは自分が悪いのではなく、親や環境、そして社会に問題があるんだそうで。全く自分を反省しないんです」

愚痴を言う彼氏を愚痴る彼女というのも、ちょっとお茶目ですが、気持ちは分かる気がします。また、話を聞いていると、どうやらそんな彼氏でも、まじめにお付き合いをしているようですし、案外仲が良いことがわかったので、愚痴の愚痴には、目をつぶることにします。

ボクはひとつの提案をします。

「彼氏が好きなら、その彼を育ててみるというのはどうですか?」
「え?私が?そんなことできるんですか?」
「彼氏にお会いしていないのでわかりませんが、愚痴の多い人から、本来の力を引き出す方法ならありますよ」
「え〜本当ですか?」

ということで、今回は「男を育て上げるちょっとした方法」について考えてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 


雑談の中での成り行き的な流れではありますが、今、お付き合いをしている彼を、素敵な彼に育て上げるのも、いいとは思いませんか。

少々ダメだと思っても、彼氏を磨くことができれば、それはそれで「勝ち組」だったりしますよね。

ダメな人の多くは、とかく愚痴が多いものです。いつも自分がうまく行かない原因を、第三者や環境に振り向けてしまいます。

人間ですから、愚痴の一つ二つをいいたくなることは誰にもあるはずです。しかしこれが癖になってしまうと、少々問題です。

すべての責任を第三者へと押しつけてしまうことから、自己の反省の機会が極めて少なくなり、同じ過ちを犯すことになります。ところが、当人はその原因が自分にあることを認識できないことから、進展を見ることができなくなり、愚痴に走るというスパイラルです。

さて、このような状態にもし彼がハマっているのであれば、まずあながたその愚痴を聞いてあげることからスタートしましょう。

毎度聞かされる愚痴であれば、彼がどのような部分について、特に不満を持っているのかもわかるはずです。

彼の不満が明確になったなら、次にそれを解消するための策を彼に問います。

でも、「そんなのあるわけないじゃん」と、たぶん彼はいうことでしょう。

このような場合は、「見つけてみれば。あなたならきっと見つけられる」と、問題の糸口を見つけるように諭してみてください。また、あなたが答を見出しているのであれば、その答を彼が見つけられるように誘導していきます。

同時に、それを乗り越えた際の彼の状態も、ふたりで語ります。

「それが解決したら、もしかしたら凄い事になるね」
「あなたの本当の人生は、これから始まるんだね」

その場の流れを読む必要はありますが、このように彼の出口を探してあげて、その出口に向かって歩みだすためのアシストを、あなたがしてあげるわけです。

愚痴の多い人間の中には、出口を見出すことができないだけの方も少なくありません。そして、このようは人は、切っ掛けが見え始めると、意外にもあっさりと、本来の実力を発揮し始めるものです。

「やっぱりあなたは凄いね」
「あなたはこのまま終わる人じゃないよ」

もし、彼から愚痴が減り始めたら、ちょっとだけ彼のプライドを刺激しておくのも忘れずにね。

そして、彼が成功への道を歩み始めたなら、お返しをたっぷりといただくことにしましょうね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
彼氏の浮気を防止する呪文
あなたの浮気が発覚した際の対策
彼氏と喧嘩をした時の仲直り戦略

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 23:54| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link