Sponsored Link



2016年01月30日

突然怒り出した彼をクールダウンさせた彼女の一言

「男って何を考えてるのかまるでわからない」と、そう思われている女性、とても多いと思います。男女の思考パターンには、ある種の相違があるため、女性の考えをそのままに男をみると、理解に苦しむことが良くあるはずです。でもこれ、男から見た女性も実は同じように不可解に見えるもので、「女の考えはまるで理解できない」なんて思っている男もとても多いものです。

さて、そんな相違があるので、たとえばあなたが彼と話をしていて、突然彼が怒り出すといった状況に遭遇することがあるはずです。突然の彼の怒りの原因があなたには見えません。いえ、ある程度の予想はつく場合もあるかもしれませんが、それでも「そんなことで怒らなくてもいいのに」と、あなたは感じるかもしれません。そこであなたはその怒りに応戦したりします。

「そんな言い方しなくてもいいじゃない!」

さてさて、バトルの開始です。でも、せっかくなら彼とは喧嘩なんかしたくありませんよね。

実は、こんな状況において、たった一言で彼をクールダウンさせた子がいます。そこで今回は、その子の一言について、少々レクチャーしてみようと思います。「突然怒り出した彼をクールダウンさせた彼女の一言」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 


何気ない一言で、彼の怒りを買ってしまった場合において、もし彼を怒らせたくないとあなたが考えたなら、あなたはどんな一言で対応しようと思われますでしょうか。

「うーん、こっちが悪かったなら、ごめんなさいって謝るかな?」

ですよね。一般的には、まずは謝罪というのが基本的なルールとして定着しているかと思います。でもこれ、多くの場合、相手の感情をさらに高めることにつながってしまうリスクもあります。

なぜなら、謝罪とは自分に非があることを認めたことに等しいので、彼からすれば、自分が感情を高ぶらせた原因があなたにあることの確認にも繋がります。すると、悪いのはあなたなので、あなたに対して怒りを向けることが正当化されてしまうんですね。よって、謝罪から入ると、しばらくの間、謝罪を続けつつ、彼の怒りが収まるのを待つ必要が生じることになります。

まあ、この方法でも、問題が収束すれば結果オーライなわけですが、今度はあなたの側に不満が残る場合もありますよね。このため謝罪から入るのは、非効率的な対応となることもあるわけです。

「でも、ごめんなさいって言う以外、対応策はないんじゃない?」

一般的にはね。でも、これを一言で切り抜けた子を先日目にしたんです。それは、ある平日午前中のカフェでのこと。ボクはまとめ上げる必要のあった資料の作成に没頭していたのですが、近くの席では、若い学生カップルが会話を楽しんでました。ところがその彼、突然切れたんです。

「だから、そんなことを言ってるんじゃないんだって!」

その声は店内に響き渡ります。当然、他の客の視線は、彼に向けられることになりました。
さて、ここで彼女の対応です。彼女、どう対応したと思います?彼女は、スッと彼の腕に手を添えて、こう言ったんです。

「ありがとね」

動揺したのは彼の方でした。「ありが・・・え?」一気にクールダウンした彼は、店内を見渡して周囲の状況に気付き肩を窄めます。彼女はさらに次の言葉を続けます。

「そんなに真剣に、考えていてくれたんだね・・・」とね。

いかがです?なかなかの対応だとは思いませんか。彼女は彼の怒りを、謝罪ではなく、感謝の一言で消し去ることに成功しています。先にも申し上げた通り、謝罪とは非を認めることでもあります。しかし彼女、怒りの感情をたった一言で完全払拭することに成功しているわけです。

会話の経緯にもよるので、すべてにおいてこの方法が有効となるとはいえません。しかし、怒りに対する「ありがとう」での対応は、コミュニケーションのプロであっても、なかなかできるものではありません。ただし、企業のクレーム対応の担当者が、この方法を用いる場合はあります。顧客からのクレームを受ける際、本来であれば謝罪から入るトークを、感謝から入るという、まさに彼女が用いた方法を用いるわけです。

「この度は、わざわざ当社にお電話をいただきまして、誠にありがとうございまいた」

まずは謝るのではなく感謝するわけです。人は、感謝の念を向けられると、心が温かくなるものです。もともと承認欲求があるため、感謝され自分の存在が認められることは、感情をプラス側に持っていくのにとても効果があるものなのです。

さて彼女、彼がクールダウンしたその後に、「ごめんね」の言葉も軽く添えていたりします。彼はとても幸せな男だと、その時ボクは感じました。そこまで優れた女性が彼女なのですから。まあ、見方を替えれば、彼女の掌で転がされているともいえるわけですけどね。

さて、いかがでしょうか。あなたもこの方法、使える部分があるかもしれません。状況判断は必要ですが、場合によっては、彼氏の怒りを鎮めるのに効果があるはずです。覚えておいて損はない戦略ですよ。

いつまでもお幸せにね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
「私は絶対正しい」が正しくないかもしれない理由
彼氏と喧嘩をした時の仲直り戦略
「男って何で急に怒り出したりするわけ?」に答える

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 15:56| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link