Sponsored Link



2017年05月19日

女子力を大幅にアップさせて幸せになれる言い訳停止戦略

言い訳をしてしまうことって誰にもありますよね。言い訳とは、責任の回避や軽減のための説明であり、誰もがほぼ必ず使ってしまうものでもあります。本来は自分が原因ではないのに、自分の責任として責められたりすれば、それを回避するために反論をしたくなるのは当然のことともいえます。

でも、中にはこの言い訳がとても多すぎる人もいるものです。そしてそんな人の多くは、社会や人間関係に不満を持ち、ストレスフルな日々を送られていることが少なくありません。

そこで今回は「女子力を大幅にアップさせて幸せになれる言い訳停止戦略」というお話をしてみたいと思います。言い訳呪縛から抜け出すことで、女子力を大幅にアップさせたり、幸せになれたりする場合が少なくないからです。

にほんブログ村の続きを読む 

人との会話の中で、自分が責められているような展開になること、ありますよね。そんな場合は、反論のひとつも言いたくなるものです。

実際自分に非があるわけではなく、言いがかりであることも少なくないわけで、それは言い訳ではなく真実を正すための理由説明ということになります。これはこれで正当性を主張する上で不可欠な言動でもあるわけです。

しかしこの反論パターンを身につけてしまうと、女子力を下げてしまったり不幸になったりしてしまうこともあるものです。

もともと自分は悪くはないと考えてしまうと、すべてにおいて自分に非がないという側面でしか、もの事を見ることができなくなってしまうものです。すると、世の中のすべてに暗いベールがかかってしまい、不平や不満を多く抱えてしまうこともあるんですね。よって、言い訳呪縛から抜け出しておくと、結果として自分のためになる場合が少なくないわけです。

とはいえ、言い訳を言わないというのも難しいことかもしれません。なのでここでは自然に言い訳呪縛から抜け出す考え方をお教えしておくことにしましょう。

人との会話の中で、自己弁護をしたいようなシーンに遭遇したのなら、まずは周囲の環境よりも前に、自分のどこに非があったのかを探します。「でも、私は全然悪くないし・・・」と思ったとしても、無理にでも自分の非を探し出します。

「そんなの無茶苦茶だよ」と、思いますよね。でもそれは、自分の女子力を引き上げるためであり幸せになるための戦略であると、当初は自分に言い聞かせます。そして、いつもは「でも・・・」で始まっていた言葉のすべてを、無理矢理にでも探した自分の非で置き換えます。

たとえば「私がサポートに回ってあげられなかったからだね」とか「ごめんね」とかに置き換えてしまうわけです。いかがです?できそうでしょうか。

「そんなことしたら、どんどん相手に突っ込まれそう」

ですよね。状況が不利になると、相手はそれに付け込んでくるかもしれませんよね。そんな時には、どうしたら現状をより良い状況にすることができるかについて考えます。また、それが思いつかなかった場合には、「あなたはどうすればもっと良くなると思う?」といったポジティブな方向へと相手を誘導してあげます。そしてその話題の中で話を進めていくわけです。

「そんなことを続けて、良いことなんてあるの?」

大丈夫。大きな変化は必ず訪れます。まずは「最近何かあった?」とか「変わったね」と言われ始めるはずです。これを言われたら、とりあえずあなたの変化は周囲に伝わりだしたことになります。また、知人友人の数が次第に増え始めることになるはずです。さらには、今まで以上にコミュニティに接する機会が増え始めることでしょう。

あなたはこの戦略に、さらに磨きをかけてくださいね。するとその後、複数の男性から誘いの声がかかり始めることでしょう。しばらく時間はかかりますが、この戦略を継続すれば、女子力は間違いなく向上するので、次第に男が引き寄せられることになるわけです。

「本当かなぁ?」

ええ、まずは騙されたと思って続けてみてくださいね。しばらくするとあなたは必ず幸せを実感できるはずです。いままで生きてきた社会が、実はもっと明るく健全なものであることにも気づかれることでしょう。なお、この戦略の根拠については、また別の機会にじっくりとお話をすることにしましょう。

どうぞお幸せにね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
あなたを幸せに導く男運を上げる戦略
自分が孤独で不幸だと考えているあなたが幸せになれるある行動とは
あと一歩だけ幸せに近づく方法

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 12:46| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link