Sponsored Link



2017年06月30日

別れを告げられてもそれを繋ぎとめたいあなたに


ちょっと自己中な彼氏から、別れを告げられてしまった乙女からメッセージを頂戴しています。それでもあなたは彼のそばにいたいと考え、彼をつなぎとめたいとお考えのようです。

「無理を承知なのは理解しています」

さて、どうしましょうか。ということで今回は「別れを告げられてもそれを繋ぎとめたいあなたに」というお話を進めていこうと思います。

にほんブログ村の続きを読む 



恋愛において一方が別れを切り出し、一方が頑なにそれを拒むという流れは、とても多く存在するケースと言えます。愛おしい相手から別れを切り出されてしまうわけですから、それはとても辛いことです。しかしそれだけにとどまらないのが人間の心理の難しいところです。

愛おしい相手が自分から離れようとしている事実には、大きな矛盾を感じるはずです。この場合、繋ぎ止めるための策をあれこれ講じようとすることでしょう。しかしそれがうまく行かない場合、自己の信念や考え方を曲げてでも、矛盾を解消しようとすることがあります。これを心理的不協和などと呼びますよね。

考え方を変えていく方向は人によってまちまちです。たとえば、私が好きになった相手なのだから、彼は誰よりも素敵な男であり、別れを迎えるはずがないと考える場合もあることでしょう。一方で、私から離れようとしている相手なのだから、私にふさわしい男ではないと考える場合もあります。いずれにしても、矛盾を解消するための論理展開であることがわかります。

後者の場合は、新たな男を探せば良いわけですが、前者の場合はちょっと悲惨なことになります。相手は別れるといい、あなたは別れるべきでないとの考えに固執するわけですから、修羅場を迎える可能性すらありますよね。

実は同様の質問は、これまでにも数多く頂戴していて、これについては「彼氏と絶対に別れたくないあなたへ」において回答しています。是非とも参考にしていただきたく思います。

ここで簡単に要約するならば、まずは認知的不協和の状態に自分が陥っていないかを冷静に判断することが大切だと言えます。そして仮に、「私が好きになった相手なのだから、誰よりも素晴らしい男であり、よって別れるべきではない」といった類の思考に傾いているのであれば、まずは冷静に自己分析を図る必要があります。

まあ、好きになった相手であるわけですから別れたくないのは当然のことです。しかし仮に、彼があなたに対して理不尽な言動や行動を続けていながらも、あなたが別れるべきでないと考えているのなら、ちょっと問題があるかもしれません。

本来恋愛とは、互いに必要とされる間柄であり、一緒にいる時間を互いに貴重なものとして認識できなければなりません。つまり彼が幸せであり、あなたが幸せであることが最低条件となります。ところが、「私が幸せであるためにこのお付き合いは継続しなければならない状態」である場合、そこには彼の想いが加味されていないことになり、恋愛の最低条件からも逸脱していることになりますよね。

なお、心理的不協和を解消するための心理的な動きに気がつくと、これまでこじれていた関係が修復される場合もあります。まあ、確実でありませんし、確率的にはさほど高くないかも知れません。でも、論理的なつじつま合わせをしていた自分に気づくと、それ以降、相手に対する接し方が変わるために、離れようとしていた彼の態度にも変化が訪れることがあるのです。

「押してもダメなら引いてみな」的な昔の言葉がありますが、案外核心をついているノウハウなのかも知れませんよね。

また、その一方で、論理的な矛盾を解消するための補正であることに気づくと「私ってこれまで何やってたんだろう?」と、あたかも催眠からとけたように、心が静まっていくこともあるものです。

あなたは今後幸せになる必要があります。そしてその上で、あなたのそばにいる男性もまた、あなたを必要としており、しかも幸せを感じている必要があります。そばにいるのは、現在追い求めている彼かも知れませんし、新たに恋している男性かも知れません。

そしてこの状況は、いずれにしても未来において高い確率であなたに到来するはずだということです。

どうぞお幸せにね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
離れていく彼氏の心を繋ぎ止める方法
愛され続けたいと願うあなたが知っておくべき2つのこととは
男が萎える瞬間を知っておこう

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 13:59| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link