Sponsored Link



2017年08月11日

夏の燃える恋を一夏で終わらせないために

毎日暑いですよね。お元気でお過ごしでしょうか。最近の乙女はお肌に気を使うことから、ビーチで肌を焼く機会は少ないかもしれません。また、海へ出かけるにしてもUVカットのサンオイルでばっちり武装しますよね。でも、女性の小麦色の肌や、くっきりとついた水着の跡は、その人の夏のひとときを物語っており、そうれはそれで素敵に思えたりします。

ところが秋になると、小麦色に焼けた乙女に涙。夏の燃える恋の終焉です。そんな女性は意外に多いものです。そこで今回は、夏の燃える恋を一夏で終わらせないためのお勉強をしておくことにしましょう。そう、あながた今やっと捕まえたその恋を、いつまでも継続させるための戦略です。

にほんブログ村の続きを読む 

夏の燃える恋を、一夏で終わらせないための方法を考えるに際して、まずは夏の恋の特徴について見ていくことにしましょう。実は夏の恋には、他の季節とは異なるいくつかの要素があります。これはある意味素敵な部分でもあり、また、短い期間で終焉を迎える要素も隠されています。よってこれを知ることで、対策を講じることが可能となるはずですよね。

日本の場合、夏は高温多湿となることから、どうしても肌の露出が増えるものです。女性からすれば単に「暑い」わけですが、男からすればそれは「熱い」光景として見えるものです。よって男からのアプローチ頻度は、他の季節よりも高くなるものです。

また、気温が高くなると、人はとかく緊張感がゆるむものです。冬には肩をまるめて過ごしている方であっても、夏には比較的オープンに振る舞うことができたりしますよね。

男のアプローチ頻度が高まるとともに、女性がオープンになるわけですから、そこには多くの恋が生まれることになります。これが夏の恋の正体というわけです。

男は女性の露出の多さにめまいを覚え、女性がオープンな状態にあるわけですから、関係性も一気に密になる可能性が高まります。そんな経験、お持ちではないでしょうか。

ところが日本の夏は意外に短いものですよね。よって秋がすぐにやってきます。あなたはこの恋に舞い上がり、当然のこと彼氏を「恋人」として認識して頻繁に会うことになりますよね。でも、この時点において、ちょっとした問題が発生することがあります。

男の場合、秋を迎えると仕事が忙しくなったりで、意識が日常に向く機会が増えることになります。夏はすでに過去のものとなり、浮かれた気持ちが静まる局面があるわけです。しかしあなたの勢いは増すばかりであり、ふたりの恋のバランスが大きく崩れてしまう可能性が高まるわけです。

バランスが極端に崩れてしまうと、男はあなたの想いを負担に感じるようになります。また、夏のひとときが幻影のようにも感じ始めることから、それはそれとして、日常の中に新たな出会いを求めようとすることもあります。これが夏の恋が終焉を迎えるプロセスであるわけです。

「それってちょっとひどくない?」

ですよね。でも、そんなプロセスを辿らないように、夏のうちからあなたはちょっとした仕掛けをしておく事は十分に可能です。ということでここからが、夏の燃える恋を一夏で終わらせないための方法となります。



まずは夏において男のアプローチ頻度が高まる点ですが、これは大いに利用したいものです。これまで出会いの機会が少ないと感じていたのであれば、夏は各所を訪れて、新たな出会いのチャンスを活用するのは恋を得るための優位性を高める上でも有効となります。

さて、この結果として夏の恋が始まったなら、ここからちょっとした意識をあなたは持つ必要があります。それは、オープンになりがちな心を、少しだけ抑制することです。燃え上がった勢いで急接近という事自体問題ありませんが、それはあくまでも精神的なものににとどめ、一気に関係性をも深めるというのを少し控えます。

先にも申し上げたとおり、一夏の恋の問題は、秋におけるふたりの恋のバランス崩壊にありました。よって、このバランスの差異をできうる限り生じさせないように、あなたが意図的に操作するわけです。

オープンな状態の中ですべてを受け入れるのではなく、できれば要求の半分以下に抑えておきます。男からすれば少々不完全燃焼状態となりますが、逆にこの状態で秋を迎えることで、残りの燃焼を秋へとつなげる効果を期待できます。

急接近の勢いの中での男の誘いには、「涼しくなったら二人で紅葉を観に行こうよ」とか「二人でハロウィンパーティ盛り上がろうね」などと、それとなく秋のイベントを提案しておきましょう。つまり、秋の布石を夏のうちに置いておくわけです。不完全燃焼の状態の中で提示されたイベントを、男は快く受けるはずです。また、その際、男の脳裏には、秋になってからの二人のイベントが刻印されることになります。これに成功すれば、一夏の恋で終わるリスクを最小限にとどめることができます。

夏の間、ふたりはデートを重ねるかもしれませんが、秋になってのイベントをいくつか二人で考え、それについて盛り上がることができればベストです。秋は秋で、二人で訪れることのできる所も多く存在することでしょう。また、秋になったなら、クリスマスに過ごす予定を二人で立てるのもよいでしょう。そう、冬の布石をそれとなく秋に置いておくのです。

このようにして、少し先のイベントについて、二人で盛り上がることができれば、そしてそれを彼氏も楽しみにすることができれば、夏に始まった恋が一夏で終わることはまずありません。

いかがでしょうか。できそうでしょうか。

あなたの水着の跡が薄れる頃、彼氏はあなたを誰よりも大切な人と認識することでしょう。また、次の夏を迎える頃、彼氏はあなたにプロポーズをするかもしれません。あなたはそれに「はい」と答えて、今回のミッションは完了することになります。

末永くお幸せにね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
愛され続けたいと願うあなたが知っておくべき2つのこととは
彼氏をあなたに依存させてしまう魔法のかけ方
捕まえた男を放さないギブアンドテイク戦略

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ
posted by ナユタ at 06:56| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link