Sponsored Link



2017年06月30日

別れを告げられてもそれを繋ぎとめたいあなたに


ちょっと自己中な彼氏から、別れを告げられてしまった乙女からメッセージを頂戴しています。それでもあなたは彼のそばにいたいと考え、彼をつなぎとめたいとお考えのようです。

「無理を承知なのは理解しています」

さて、どうしましょうか。ということで今回は「別れを告げられてもそれを繋ぎとめたいあなたに」というお話を進めていこうと思います。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 13:59| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

恋愛における学歴格差の問題


「恋愛に学歴格差問題ってあるんでしょうか?」

意表をついた突然の質問に、ちょっとだけ戸惑います。恋愛は就職ではないわけですから、本来であれば学歴は不要なはずですよね。でも、このような質問に至るまでの彼女の経緯については少々気になるところです。ちなみに彼女は、比較的名の知れた私立大学の出身であったはずです。よって学歴格差について悩む境遇にはなさそうなんですが。

「どういうこと?」
「実は今の彼氏が高校を中退していて」
「その部分が気になってるの?」
「いえ、私は全然」
「彼のほうが気にするの?」
「ええ、まあ」

なるほど。実は同様の問題で悩む女性は多いようです。ということで今回は、「恋愛における学歴格差の問題」というお話をしてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 14:20| 男選び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

夢を諦めるか恋を諦めるかの選択の向こう側

今後遠距離恋愛になりそうな状況に悩む乙女からメッセージを頂戴しています。お付き合いを始めたばかりの彼氏が、近々海外赴任の辞令を受けていることを知り、「お付き合いは続けたいけど・・・」といった状況なんだそうです。

遠距離恋愛については過去にも何度か記事としてご紹介しています。たとえば「遠距離恋愛において彼氏の心を繋ぎ止めておく戦略」や「遠距離恋愛が結婚にも別れにも繋がる理由」、「遠距離恋愛を乗り切ろう」などの記事も参考としていただければと思います。

結論から申し上げて、遠距離の状況は、ターゲットと結婚をするための最大のチャンスとなることがある一方で、恋愛に終止符を打たなければならなくなるリスクも内在するものです。遠距離恋愛を余儀なくされた二人が、今後どのような判断を下すのがベストなのかは、お二人の現在の状況も大きく関与するので、対応策が難しいのも実際のところです。

今回のメッセージで少々気になったのは、恋愛以前にお二人が現状、互いに夢を追いかけている途上にあるという点です。ということで今回は「夢を諦めるか恋を諦めるかの選択の向こう側」というお話をしてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 18:49| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

会話の内容でわかる彼の心の中身

あなたには密かに想いを寄せる彼がいます。まだおつき合いはありませんが、彼といるととても楽しいし、あなたはできれば彼とおつき合いをしたいと考えています。この段階において気になることは、「彼は私のことをどう思ってくれているんだろう?」という点ではないでしょうか。

もし自分のことを気にかけてくれていたり、真剣におつきあいをしたいと考えていてくれるのなら、あなたは躊躇なく行動を起こすことができますよね。でも、現時点においてそれに確信が持てないがために、あなたはどのように彼に接して良いのかの判断ができません。

さて、どうしましょうか。

ターゲットの心の中を覗くテクニックは、これまでも記事としてご紹介してきましたが、今回は簡単にある程度の判断を下すことのできる方法をご紹介しようと思います。ということで、今回は「会話の内容でわかる彼の心の中身」というお話をすることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 19:25| 心理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

彼氏の人生を変える暗示の魔術


「生涯未婚率」という言葉があります。ご存知でしょうか。生涯未婚率とは、50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す数値であり、現在では男性のおよそ23%、男性の14%がこれに該当するようです。これはつまり、男性のおよそ4人に一人、女性の7人に一人は結婚をすることなく生涯を終えることを意味します。生涯未婚率は今後も上昇傾向をたどることが予想されています。

もしあなたが今後、結婚をして幸せな家庭を築きたいと考えているのであれば、あまり目にしたくない統計値ですよね。まあでも、7人に一人発生する生涯未婚者に入らなければ良いだけなんですが、あなたは結婚を望んでいるものの、たまたま好きになった彼がまったく結婚に興味を示さないといったケースも考えられますよね。

ただ、近しい存在にあるターゲットの人生は、時に暗示によっても変えていくことができる場合もあります。もし、彼がまったく結婚願望を持たないのであれば、密かに使ってみるのも手かもしれません。ということで今回は「彼氏の人生を変える暗示の魔術」というお話をすることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 09:41| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

彼氏はできるもの?作るもの?

あらためて説明するまでもありませんが、本ブログには「必ず彼氏ができるとっても不思議な恋愛ブログ」というブログタイトルをつけています。そのタイトルを裏切ることのないように、彼氏ができる状況に読者をいざなう様々な戦略や考え方、行動パターンなどについてご紹介しているつもりです。

読者の方からは「彼氏ができました」という報告をいただくこともありますし、中には「おかげさまで結婚しました」といううれしいメッセージを頂戴することもあります。そんな瞬間には、ボク自身とてもうれしくなりますしモチベーションが上がるものです。

さて、では本ブログのタイトル、なぜ「彼氏ができるブログ」であり「彼氏を作るブログ」ではなかったのでしょうか。

実はブログタイトルを決定する際、どちらにしようかと悩んだ記憶があります。また、その上で「彼氏ができるブログ」にしたのには、ちょっとした理由があります。今回はそんなエピソードも交えつつ、彼氏ができるためのちょっとしたコツについてをお話ししてみたいと思います。「彼氏はできるもの?作るもの?」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 18:24| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

女子力を大幅にアップさせて幸せになれる言い訳停止戦略

言い訳をしてしまうことって誰にもありますよね。言い訳とは、責任の回避や軽減のための説明であり、誰もがほぼ必ず使ってしまうものでもあります。本来は自分が原因ではないのに、自分の責任として責められたりすれば、それを回避するために反論をしたくなるのは当然のことともいえます。

でも、中にはこの言い訳がとても多すぎる人もいるものです。そしてそんな人の多くは、社会や人間関係に不満を持ち、ストレスフルな日々を送られていることが少なくありません。

そこで今回は「女子力を大幅にアップさせて幸せになれる言い訳停止戦略」というお話をしてみたいと思います。言い訳呪縛から抜け出すことで、女子力を大幅にアップさせたり、幸せになれたりする場合が少なくないからです。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 12:46| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

恋愛成立以前に存在する2つの後悔

ゴールデンウィーク、終わってしまいましたね。どこか海外に行かれましたか?ボクは残念ながら休みなく仕事をしていました。海外に出る機会は少なくないので、旅行者で混み合う時期は、仕事をしていることの方が多いです。

さて、このゴールデンウィークに海外に出た乙女からメッセージを頂戴しています。数か月前に旅行先で出会った人に会いに行かれたとのこと。現地の言語に長けていらっしゃるようで、お相手は日本の人ではないようですね。彼は忙しい中、連日いろいろな所に連れて行ってくれたそうで、楽しい時間を過ごされたようです。よかったですね。

お二人はそれでも健全なお付き合いであるようで、乙女は「これからも彼のこと好きでいても良いと思いますか?ただの勘違いだと恥ずかしいですし、傷つくのが怖いです」とお悩みです。

恋愛において同様の問題で悩まれる方、とっても多いと思います。ということで今回は、「恋愛成立以前に存在する2つの後悔」というお話をしてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 14:28| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

同じ職場の人に恋してしまった場合の注意点と戦略


「同じ職場の人を好きになってしまって・・・」という乙女からメッセージを頂戴しています。同じ職場にターゲットを探そうにも「いい男なんて一人もいない」という女性が多い中、ある意味幸せな環境ともいえそうです。

でも、同じ職場の恋って難しくもありますよね。特に一方的に好きになってしまった場合、アプローチはちょっと難易度が高いと言えます。というのも、勇気を出して告白しても、振られてしまった場合、それ以降職場に居にくい状況を作り出してしまう場合が少なくないからです。

また、ターゲット側にとっても同様の問題を抱えることになります。特に男性の場合は、生涯に渡る仕事場として捕らえていることも少なくないことから、職場においてあらぬ噂が立つのを避けたいと思うこともあります。職場以外においてオープンな男も、職場内では慎重に事を進めたがる傾向にあるわけです。

さてさて、どうしましょうか。ということで、今回は「同じ職場の人に恋してしまった場合の注意点と戦略」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 20:02| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「男って単純だよね」を理解して自由に男を操作しよう


「男って単純だよね」
ランチのパスタを手慣れた様子でフォークに巻き取りながら彼女が言います。
でもその割には、いつも男に振り回されているご様子。
「本当にそう思ってる?」
「うん。でもその単純さがなかなか理解ができないんだよね」
「どういうこと?」
「突然、会わない?といってくる日があったり、今日は無理と断ってきたリ」
「そういうのって、単純というより気分っていうんじゃないの?」
「そうかぁ」
「でも、男が単純っていう部分、間違いじゃないよ」
「そうなの?」
「男の単純さを理解しておくと、結構自由に男は操作することができるものだよ」
「え?本当に?」

ということで、今回は「「男って単純だよね」を理解して自由に男を操作しよう」というお話をすることにしましょう。実は男の精神構造はシンプルにできています。よってこれをうまく理解しておくと、意外にも思い通りに操作することができたりします。いかがです。知っておいて損はなさそうですよね。それでは早速始めることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 19:26| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link