Sponsored Link



2017年05月05日

同じ職場の人に恋してしまった場合の注意点と戦略


「同じ職場の人を好きになってしまって・・・」という乙女からメッセージを頂戴しています。同じ職場にターゲットを探そうにも「いい男なんて一人もいない」という女性が多い中、ある意味幸せな環境ともいえそうです。

でも、同じ職場の恋って難しくもありますよね。特に一方的に好きになってしまった場合、アプローチはちょっと難易度が高いと言えます。というのも、勇気を出して告白しても、振られてしまった場合、それ以降職場に居にくい状況を作り出してしまう場合が少なくないからです。

また、ターゲット側にとっても同様の問題を抱えることになります。特に男性の場合は、生涯に渡る仕事場として捕らえていることも少なくないことから、職場においてあらぬ噂が立つのを避けたいと思うこともあります。職場以外においてオープンな男も、職場内では慎重に事を進めたがる傾向にあるわけです。

さてさて、どうしましょうか。ということで、今回は「同じ職場の人に恋してしまった場合の注意点と戦略」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 20:02| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

「男って単純だよね」を理解して自由に男を操作しよう


「男って単純だよね」
ランチのパスタを手慣れた様子でフォークに巻き取りながら彼女が言います。
でもその割には、いつも男に振り回されているご様子。
「本当にそう思ってる?」
「うん。でもその単純さがなかなか理解ができないんだよね」
「どういうこと?」
「突然、会わない?といってくる日があったり、今日は無理と断ってきたリ」
「そういうのって、単純というより気分っていうんじゃないの?」
「そうかぁ」
「でも、男が単純っていう部分、間違いじゃないよ」
「そうなの?」
「男の単純さを理解しておくと、結構自由に男は操作することができるものだよ」
「え?本当に?」

ということで、今回は「「男って単純だよね」を理解して自由に男を操作しよう」というお話をすることにしましょう。実は男の精神構造はシンプルにできています。よってこれをうまく理解しておくと、意外にも思い通りに操作することができたりします。いかがです。知っておいて損はなさそうですよね。それでは早速始めることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 19:26| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

男性を引き寄せる効果的な疑似餌とは


擬似餌(ぎじえ)をご存知でしょうか。疑似餌とは、魚釣りに用いる道具で、魚が好む餌に似せて作られたものですよね。釣る魚によっては、小魚に似せたものであったり、イカに似せたものもあります。また、針のついた疑似餌をルアーと呼ぶこともあるようですが、これを釣り糸につけて海や川に投げると、あたかも小魚やイカが泳ぐような動きを見せることから魚が集まります。そして魚が擬似餌に食いつこうとした際に、針が魚を捉え、魚はあえなく釣られてしまうというものです。

さて、今回は魚ではなく、男性を引き寄せるための効果的な疑似餌について考えてみたいと思います。ちなみに、あなたはそんな疑似餌をいくつお持ちでしょうか。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 20:38| 男性心理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

モテる男をいとも簡単に落とした彼女の戦略とは


「いやあ、惚れちゃったかもしれません」

夜も遅いというのに、静かなオフィスに押しかけるなり、ソファーに長身を投げ出しながら彼はいいます。自称デザイナーの彼ですが、彼がどんなデザイナーであるのかは不明であり、いつも波乗りをしているので、つまりは、今時あまり流行らない単なるサーファーです。乙女の敵ともいえる存在であり、いつも違う女の子を連れ歩いていたりします。実際かなりモテる男です。

「君を惚れさせるなんて、なかなかの女の子だね」

とボクがいいながら彼を見ると、ひと目で彼の「惚れた」というのが冗談でも嘘でもないことがわかります。どことなくフワフワとした意識を感じ取ることができたからです。

さて、彼はどのような女性に出会ったのでしょうか。ちょっと興味をひかれたボクは、仕事の手を止め、スコッチを彼に振る舞って少々お話を聞くことにしました。どんなすごい女性のお話を聞くことができるのでしょうか。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 20:19| 心理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

あなたを幸せに導く男のタイプとは


「今は彼氏がいないけど、できれば彼氏がほしいな」と、そう思われているあなた。では、あなたを幸せに導いてくれる男とは、どのようなタイプなんでしょうか。

せっかくの彼氏であるわけですから、その彼氏といつまでも幸せに恋愛を育みたいですよね。実は、男の中には、相手の女性を幸せにするタイプと、不幸にするタイプが存在するものです。どちらのタイプを選ぶべきかは、改めて説明するまでもありませんよね。

ということで今回は「あなたを幸せに導く男のタイプとは」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 19:57| 男選び編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

「他人に厳しく自分に甘い」が結果的に損な理由

「なかなか彼氏ができなくて・・・」とお悩みの乙女。いろいろとお話を聞くと、恋愛のお話を飛び越えて、社会構造の矛盾に至るまで、彼女は熱弁を振るうことになります。多くのニュースソースに目を通されているようで、知識も豊富です。現代社会の問題点についても的確な指摘をしています。

彼氏問題とはおおよそ関係がないお話なんですが、そのようなお話の中にも、実は彼氏がなかなかできない理由は隠れていたりします。ただ、このまま彼女と社会の問題点を語っていても、彼氏ができる方向へと導くことはできません。そこでボクは次の質問をします。

「で、彼氏を作るために、君はどう変わるべきだと思う?」
「え?私が変わる?」
「うん」
「・・・どういう意味でしょうか?」

ということで、今回は「「他人に厳しく自分に甘い」が結果的に損な理由」というお話をすることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 19:26| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

10年後のあなたが幸せであるために


現在、あなたは幸せな人生を過ごされているでしょうか。人生は人それぞれですから、「とっても幸せ」という方もいらっしゃるでしょう。一方で「孤独で寂しい毎日」という方もいらっしゃるかもしれません。さて、では10年後のあなたは、どのような人生を歩まれているでしょうか。

「10年も先のことなんか、考えたことないなぁ」

10代から20代の方であれば、10年先の自分をイメージすることは難しいかもしれません。でも、10年後において幸せにつつまれていたいとお考えであるならば、今回はちょっとした準備をしておくことにしましょうか。

「準備をしておくと、幸せになれるの?」

確実とはいえませんが、少なくとも何もしないよりは、幸せである確率は高まるはずです。今後の10年は、これまでの10年の何倍ものスピードで経過することになるはずです。でも、10年後のあなたについて今考えておくことで、これからの人生を無駄に過ごすことがなくなるかもしれません。準備をしておく価値はありそうですよね。

それでは早速始めてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 18:16| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

尽くされる女性がモテる理由


「尽くしているのに振り向いてもらえない・・・」

と、そんなお悩みを抱えていらっしゃる乙女はいらっしゃいませんか。その一方で、周囲の男から何かと尽くしてもらっている女性もいるものですが、案外そんな女性はモテるものです。

「尽くされるからモテるんじゃなくて、モテるから尽くしてもらえるんじゃないの?」

確かにそんな場合もありますよね。でも、尽くされるように仕組んでいるがために、自然にモテるようになるという、実に巧妙な戦略のもとでモテる立ち位置を手にされている女性もいるものです。

「周囲の男性に尽くされながらもモテる女ってこと?」

そうなりますよね。尽くしているのに振り向いてもらえない女性からしたら、ちょっと納得がいきませんよね。でもこれ、心理的に当然の成り行きともいえるものなんですね。

ということで今回は、「尽くされる女性がモテる理由」というお話をすることにしましょう。手軽に使える戦略ではありませんが、知っておくと、どこかで役に立つかもしれませんね。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 05:49| 心理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ターゲットに対するカメレオン的接近術


あなたには、今、好きな人がいます。できれば、その人と恋愛関係となり、素敵な時を過ごしたいと考えているとしましょう。でも、これがなかなか実現しません。とっても好きなので、近寄るだけで心臓はドキドキ。胸がいっぱいになってしまいます。また、その人は自分をどう思っているのだろうと考えると、勉強も仕事も手につきません。

こんなにも想っているのだから、いっそのこと告白してしまおうかとも考えます。でも、なかなかそれもできそうにありません。勇気を振り絞って告白しても、もしかしたら、軽く振られてしまうリスクがあります。そもそもその人に彼女がすでにいるかもしれません。

「ああ、どうしよう」

あなたは悩んでいます。多くの女性は、結局このまま何もできず、結局彼とは結ばれることはありません。いかがでしょうか。このままの状態で、あなたは第一歩を踏み出すことができそうでしょうか。

「とてもできそうにない」

仮にあなたがそう考えているのであれば、そして結果として何もできない可能性が高いのなら、カメレオン的接近術を試してみるのも良いかもしれません。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 03:08| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

「タラレバ娘」を卒業するために


「東京タラレバ娘」というドラマをご存じでしょうか。もともと東村アキコさんのコミックが原作ですが、これがドラマ化された作品ですよね。

売れないフリーの脚本家の鎌田倫子、独身彼氏なしであり、同じく恋愛に悩む二人の友人とタラレバばかりいいつつ気づいてみたら30歳といったシチュエーションです。主演は、吉高由里子さん、二人の友人を榮倉奈々さん、大島優子さんが演じています。

このドラマ、ボクも録画をして楽しんでいたりしますが、前日友人と飲んでいてこのドラマが話題に上りました。

「実際には、あんな魅力的な女性が売れ残るはずはないよ」と友人。しかし、周囲を見てみると、魅力的で周囲の男性からモテているものの、30代になっても独身でいる女性は結構いるものです。

そんな女性にお話を聞いてみると、「自分は結構イケてる女だと思うんだけどな」と、まさに鎌田倫子同様の言葉が返ることがあります。たぶん原作は、徹底した取材のもとで構成されたんでしょうね。つまり、女性の多くは、自分の魅力には気づいているご様子。ところが、なかなか彼氏ができず、そろそろ結婚をしたいと考えているものの、それがかなわないといいます。

そこで今回は「「タラレバ娘」を卒業するために」というお話をしてみたいと思います。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 00:00| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link