Sponsored Link



2016年08月27日

これからの半年間必死に勉強をすると彼氏ができる理由

そろそろ夏も終わりですね。というより暦ではすでに秋が到来しています。さて、今日は高校3年生のあなたに向けたメッセージです。受験勉強の進捗はいかがでしょうか。夏、必死に勉強をしましたか?

「結構遊んじゃいましたぁ」という方もいらっしゃることでしょう。なるほど。水着の跡がくっきりですね。でも、大丈夫。これからの半年でも十分に間に合います。

「受験より彼氏がほしいよ」

いえいえ。彼氏よりも勉強です。というのも、これから半年必死に勉強をすると、ほぼ間違いなくあなたには素敵な彼氏ができるはずだからです。

「なにそれ。ホントに?」

ええ。本当です。これについては、しっかりとした理由があります。今回はそんな理由についてお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 18:00| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

振られたものの忘れることができない彼の扱い方


「現在大学四年生で、就職先が決まり、来年から社会人になります」
第一志望の会社からの内々定を取り付けることができたとのこと、おめでとうございます。良かったですね。

今年の就職戦線は、3月のスタートだったんでしょうか。既に半年が経過したわけですが、今もなお就職活動を続けられている方は、精神的にもちょっとヘビーであるかもしれません。今後は卒業研究のスケジュールも気になりますものね。そんな中、第一志望の内々定を取れたのは素敵な事です。

でも、そんな乙女にも恋愛のお悩みはあるようで、昨年に告白して振られてしまった彼をまだ諦めることができないとのこと。あなたは今後、きっと今よりも輝くはずですし、新たな環境の中できっと新たな出会いにも恵まれることにあろうかと思います。でも、それでもやっぱり好きな彼の事が忘れられないようですね。

さて、どうしましょうか。ということで、今回は「振られたものの忘れることができない彼の扱い方」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 07:38| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

「逆プロポーズ」により男の背中を押して結婚に踏み切らせる戦略


「付き合って1年になるのに、彼から結婚の話がまったく出なくて」
彼氏との幸せな時間を過ごしてはいるものの、1年が経過してなお、彼氏から結婚の話が全く出てこないと悩む彼女。
「私とは結婚はしたくないってことなのかな・・・」と肩を落とします。
「そんなに気になるのなら、彼氏に直接聞いてみたら?」
「え?そんなことできないよ」

まあ気持ちはわかります。ダイレクトに聞いて答が「No」だった事を考えたら、ちょっと怖くて聞けませんよね。
「じゃあ逆プロポーズでもしてみる?」
「え?私からプロポーズするの?」
「いや、彼氏にプロポーズをさせるように促すんだよ」
「どうやって?」

ということで、今回は「「逆プロポーズ」により男の背中を押して結婚に踏み切らせる戦略」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 08:10| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

彼氏がなかなかできない乙女に見られる共通点


「本気で彼氏がほしいと思っているんですが、いつまでたっても彼氏ができません。どうすれば彼氏ができますか」というメッセージを頂戴しています。また、同様のメッセージを多く頂戴しています。

皆さんお悩みの度合いはそれぞれですが、中には深刻と思われる方もいらっしゃるようです。メッセージのひとつひとつを読んでいて、ちょっと心が痛みます。また、その数があまりに多いので、すべてについて対応させていただくことはできないでいるので申し訳なく思います。

さて、メッセージのすべてに目を通させていただいていると、このようなメッセージをお送りいただく女性には、ある種の共通点があることに気づくものです。また、メッセージに対応させていただいた女性の中には、彼氏ができましたといううれしい報告をお送りいただく方がいる一方で、結果的に彼氏はできず、いまだに孤独であり続ける方もいます。この両者にもまた、ある種のパターンが存在するように感じます。

そこで今回は、この共通点についてお話しすることにしましょう。

彼氏がほしいと考えているのにできないといった女性の共通点を知ることができれば、まずはその共通点から抜け出るだけで、彼氏ができる確率を引き上げることができるはずですよね。

また、その後彼氏ができる女性、できない女性の共通点を知ることができれば、彼氏ができた女性に共通する点に重きを置くことで、今後、彼氏ができる可能性はさらに高まるはずですものね。それでは早速始めることにしましょう。「彼氏がなかなかできない乙女に見られる共通点」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 06:00| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

「自分を変えて幸せになりたいよ」という貴女が毎日すべきたった一つのこと


「私って落ち着きもないし、ミスも多いし」
ネガティブ領域に完全にハマってしまっている彼女。困ったものですが、せめてお話を聞いてあげないとね。
「なるほどね。で?」

このような女性の場合、実はその先にこそ、言いたいことがあったりするものです。ですから、まず核心部分を吐き出させるのが必要なんですね。すると彼女、ため息交じりに話を続けます。

「だから彼氏もできないし」
核心部分はどうやらこの部分にありそうです。
「君はそう思っているわけだね。で、どうなりたいの?」
「自分を変えて幸せになりたい」
「自分を変えれば、彼氏ができて幸せになりそう?」
「うん」

そういうことなんですね。ボクはやっと全容を理解します。

さて、方法はいくらでもあるわけですが、彼女の場合は、ひとつのことを、日々の生活の中に取り入れることをお勧めしようと思いました。ということで、今回は「「自分を変えて幸せになりたいよ」という貴女が毎日すべきたった一つのこと」というお話をしてみることにしましょうね。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 03:37| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

「男性とのお付き合いで自分の性格は変える必要あるの?」に答える


「男性とのお付き合いで自分の性格は変える必要あるの?」というご質問がありました。どうやら男性とお付き合いをして楽しませてあげられるように自分を変える必要があるとお考えのようです。

また、お付き合いをする男性の多くが、自分の理想を押し付けてくるとのこと。たまたまそんな男性だったのか、それとも自分の性格が男性のそんな言動を促しているのかがよくわからないといいます。

さて、お付き合いをして、男性と楽しく時間を過ごしたいと考えた場合、自分の性格を変える必要はあるのでしょうか。今回はそんなお話をしてみることにしましょうね。

にほんブログ村の続きを読む 


more...
posted by ナユタ at 01:47| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

相反する二つの側面の評価によりターゲットを落とす戦略


「私にはこれといった器量もないし、頭も悪いから」
器量ってちょっと懐かしい言葉ですよね。でも最近の乙女の中には、自分に自信が持てない方が目立つように思います。
「君は十分に魅力的だと思うけど・・・」
実際この彼女、周囲の男性からも注目を集めている存在です。
「そんな事をいってくれるのは、ナユタだけだよ」
彼女はそういって笑って見せた後で、小さなため息をつきます。ありがちなパターンであり、どうにも救いようがありません。

「何かあった?」
「実は好きな人がいるんだ」
「だったらアプローチしてみれば。君ならきっとうまくいくから」
「無理だよ・・・。ライバルも多い人だし」

ボクは「なるほど」と思いました。好きな人ができたのに、自分には器量がないから落とせないと凹んでいたわけです。でもこれ、随分と勿体ない話でもあります。トライもせずに凹んでいても、事は何も動かないからです。

「じゃあ君に、取って置きの戦略を教えることにするよ」
「私にも使える戦略?」

彼女の目が輝きます。その目力だけでも、きっとターゲットなんか簡単に落とせるのにとボクはそう思いつつ、戦略を伝え始めました。今回は「相反する二つの側面の評価によりターゲットを落とす戦略」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 09:19| 心理編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

前向きに生きることが出来なくなってしまった貴女の次の一歩とは


「食事も喉を通らなくなってしまい、仕事にも支障がでそうな・・・」
ちょっと困りましたね。LINEでメッセージを送っても、既読にすらならず返事ももらえないとのこと。もし彼に彼氏ができたり、自分を嫌っていることがわかれば、むしろ割り切ることができるのにと、あなたはそう考えています。

なんの反応もない突然のフェードアウトは、確かに気になりますよね。これについても、同様のメッセージを以前に頂戴したことがありました。「彼からの連絡が途絶えた時にあなたが取るべき行動とは」などでお答えしています。また、「LINEやメールでターゲットと楽しくやり取りを続ける4つのルール」といった記事もきっと参考となるはずなので、一読されることをお勧めしておきますね。

さて今回は、それでも前向きに生きることが難しい場合の対処法について、少々考えてみようと思います。「前向きに生きることが出来なくなってしまった貴女の次の一歩とは」というお話です。でもこれ、恋愛論と言うより人生論になりそうな気がします。まあ、たまにはいいですかね。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 03:18| 自己改造編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

20歳近く年上の上司に食事に誘われた際の対応法


「20歳近く年上の男性に食事に誘われて困っている子がいるんだ」
「相手が40代ってこと?ミドルかぁ。お金持ちならいいんじゃない?」
「でも、上司なんだよね。その男性」
「え?それって結婚してるってこと?」
「そこまで聞いてないのでわからないんだけど」
「いずれにしても、ちょっとリスキーだよね」
「だよね」

打ち合わせを兼ねた食事会でのことです。相手は美魔女的女性。卓越した美貌だけでなく、頭も切れて、なおかつ行動力にも長けた女性です。先日頂戴した質問を、彼女にぶつけてみることにしたわけです。

彼女のことですから、どのような回答を出すかはある程度予想することができました。そしてその予想の通り、彼女はこの問題をリスキーとして結論付けたわけです。

さて、ではなぜリスキーなのでしょうか。実はこれ、複数のリスクが内在しています。ということで、今回は「20歳近く年上の上司に食事に誘われた際の対応法」というお話です。

にほんブログ村の続きを読む 

more...
posted by ナユタ at 00:54| 場面編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

楽しい会話のみで平行線を辿る彼との接し方


頻繁にデートを重ねつつも進展がないまま時が経ち、ある時連絡が途絶えてしまったという方からのメッセージを頂戴しました。いつも楽しく時を過ごしていた相手であるのにもかかわらず、彼とは手もつないだことがなかったといいます。

このケース、最近多いような気がします。以前にも同様のメッセージを頂戴していて、「さり気なく男を誘惑する2つの戦略」や「彼を決断させる必要性とその効果的戦略」としてお答えをしています。状況に若干の違いはあるかもしれませんが、部分的に参考になるかもしれないので、一読されることをお勧めしておきますね。

さて、ふたりで楽しく時を過ごしつつも、何の進展もないのには、それなりの理由が存在していたはずです。もし仮に、その理由を知ることができれば、平行線を打開するための戦略を組み立てることもできるはずですよね。

ということで今回は「楽しい会話のみで平行線を辿る彼との接し方」というお話をしてみることにしましょう。

にほんブログ村の続きを読む 


頻繁にデートを重ね、楽しい時を過ごしつつも全く進展がないという状態が続くと、多くの場合女性は頭を抱えてしまうかもしれません。最初は相手を誠実な人と認識するかもしれませんが、それが長く続くと、今度は自分に魅力がないのだろうかと悩み始めることでしょう。

お気持ちは良くわかります。また、このままお付き合いを続けて良いものか、それとも別れた方が良いのではないかとも考えられることでしょう。

さて、ではこの際に彼は、何を考えていたのでしょうか。

これについては、正確に言い当てることは難しいと言えます。彼が何を考えていたかについて読みとるのには、情報が少なすぎるからです。でも、いくつかのパターンを想定することは可能です。進展はなかったものの頻繁にデートを重ねていたという事実がそこには存在することから、これをベースに推測を深めていくことはできるからです。

頻繁にデートを重ねていたというのであれば、少なくとも彼はあなたと過ごす時間を大切に思っていたはずです。また、それはすなわち、あなたを大切に思っていたことにもなりますよね。もし仮にあなたが嫌いなら、頻繁に会うことなどありえないからです。

さて、では進展がなかったのはなぜなのでしょうか。これにはいくつかのケースが考えられます。

まず第一には、彼もあなたとの距離を縮めたいと考えていたにも関わらず、その切っ掛けを見いだすことができなかったというパターンです。最近では、女性との接し方を全く知らぬまま成人してしまう男性も少なくないと言います。よって望んではいるものの機会を作る方法がないといったケースは十分に考えられます。

そして第二のケース。これはあなたにはちょっとつらいケースですが、あなたを友人として見ていたというパターンです。しかしこのケースは確率的には低いのではないかと思います。あなたのメッセージには、彼とはバレンタインデーやホワイトデー、クリスマスなどのイベントもご一緒だったとありましたよね。一般的に考えて、これらのイベントは友人と過ごす日ではありませんものね。

さて、もし彼があなたと同様に望んでいながらも切っ掛けを見いだすことができなかったのであるのなら、たぶんは次のように思うはずです。

「このまま平行線を辿るのなら、いっそ別れた方がいいんじゃないか」とね。

この言葉、どこかで耳にしませんでしたでしょうか。そう、あなたの想いと同じなんですね。叶わない望みなら、いっそ諦めた方が良いのではと考えるのは、あなただけではないんですね。よって、今後も平行線を辿るようなら、関係性がフェードアウトする前に、あなたから何らかの切っ掛けを彼に与える必要があるかもしれません。

「どうやって?」

方法はいろいろありますが、つまりは、彼の背中を優しく押すこと、いえ、今回のケースでは、彼を優しく引き寄せる方法です。実行に移すには、少々の勇気は必要かもしれません。でもその行動自体はシンプルです。あなたの想いを声で伝えれば良いからです。

たとえば、「腕を組んでいい?」

初回のデートではケースバイケースとなりますが、数多くデートを重ねている相手であれば失礼には当たりませんものね。

切っ掛けは小さなものであっても、ちょっとしたハードルさえ超えてしまえば、それから以降、一気に事が進み始めることは良くあるものです。よって、もし彼が機会を作り出すことができない場合には、女性側から彼の腕を取ったり背中を優しく押すなどのアクションは必要になるのではないかと思います。

恋愛の悩みの多くは、相手が何を考えているのかが見えなくなったとき発生するものです。でも、あなたがそう考えている時、相手も同じように考えている事は少なくないのです。このような際には、あれこれと悩んで互いの関係性にフェードアウトしてしまうよりも、むしろ、その悩みについて、彼と言葉を交わす方が良い結果を生むこともあるわけです。

これまで多くの恋愛に関する相談にお答えしてきましたが、実はそのおよそ半数は「今までボクに説明した悩み、そのまま彼に言葉で伝えてみれば?」とお答えしています。また、それにより問題が改善方向へと向かったことも数多くあるのです。

長い時間悩むのであれば、その悩みを当人に相談してみるのも、有効な手段のひとつであることをご理解いただければと思います。

意外な反応に傷つくことがないとは言い切れませんが、真相が不明なままフェードアウトするよりはスッキリとするはずです。でも、今回のケースにおいては、きっと新たな進展を見ることになると思いますよ。どうぞお幸せにね。

【以下の記事もきっと役立つはずです】
彼が何を考えているのか見えないときの戦略
いつも優しくしてくれるのに頼ってはくれない男性の心理
「男は女をどう見ているの?」の真実とは

【姉妹サイトもご好評を頂いています】
必ず彼氏ができる今日のバイオリズム占い
必ず結婚できるとっても不思議な婚活ブログ

posted by ナユタ at 01:01| 恋愛維持編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sponsored Link